プロフィール
APSCUPチャレンジャー
19回APSカップ東京本大会に初参加。
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2015年03月21日

自宅でやっと

自宅でやっと出せたので、人前では絶対の出ないブルズ100-10×が撃てることが出来ました。何年掛かったのだろう?おそらく今年最初で最後の100-10×になるので記念にとっておこうかな(笑)



これを撃った時の、スタンスなどメモっておけばよかったな.....普段から射撃ノートと言う物を書く癖が一切ないのでダメなんですけどね。

RISKY師匠に自宅練習でも点数はメモっておくこと。って教えていただいたので、ブルズターゲットにブルズ、プレート、シルエット(スタンディング6,7,8m)は記録する事にしています。

どう撃てば、100-10×が撃てるのか、明日は休みなので撃ちこんでみたいと思います。あっ明日ディーラーに試乗の予約したんだ......  


Posted by APSCUPチャレンジャー at 20:50Comments(4)ブルズアイ競技

2015年03月19日

目が目が....

年齢を重ねるごとに身体のあちらこちらが悪くなっていきますね~最近では特に目が乱視と老眼進んで、体調のいい人、悪い日では見え方が違ってきます。

京都公式で、RISKY師匠から教えていただいたシルエット攻略法で自宅シルエット標的(2mm×2mm)を8mから撃って、今までの自分の悪い癖を抜くために必死に頑張ってます。

実際、上手な人の射撃を近くで見て、その人に教えてもらうこれが本当に近道なんだと思います。普通に考えたら、見知らぬ人に突然「あの~上手くなりたいので教えて下さい」って声は掛けられないですよね。その点、地方の公式記録会・練習会ではトップシューターと呼ばれる方々が遠征してきて、APSの裏話や点取りが終わった後の余った時間を割いて教えてくれます。

でも、普通に考えてみたら、今まで時間を割いて自分が培ってきたものを惜しげもなく、他のシューターの人に教えてくれる訳です。これほどありがたいことはありません。他のスポーツでは考えにくい光景だと思います。その辺がトップシューターともいわれる由縁なのかもしれません。

今夜も仕事を早く切り上げて、点取りしよう~  

Posted by APSCUPチャレンジャー at 20:49Comments(3)

2015年03月17日

珍しく...

珍しく3日連続でブログを更新している!やればできるじゃないか俺!でも三日坊主って言葉も世の中にはあるので....

京都公式の自分の点数を振り返ってみよう~って振り返るほどの点数ではないし、振り返れば振り返るほど落ち込んだりもする(汗)

ここ数日間、安定していなかったブルズアイからのスタート。自宅ではスリッパで練習しているので、裸足(靴下は履いてます)の方がいいなじゃないか!って勘違いしてすべての競技のおいて裸足で挑んでみたが、結果は惨敗。上手な人はおそらくハイヒールでも当たるんだと思いますね。

続いてプレート。プレートは前日練習会でも11枚、12枚と自分にしては当たっていたので、当然本番も問題ないだろうと思っていたのが大きな間違い。当たるわけなくここでも惨敗。

最後は大先生から指導を受けた、苦手なシルエット。練習でも普通に8mを当てることが出来ないこともしばしば....10mから撃っている男気ある人が素敵に思える。

結果はこれ



なんとも情けない点数だこと...

あまりの悔しさに、遅めの昼食を済ませて、1周回ってみた結果がこれ



なんなんだこの落差は、自分が嫌になってくる。  

Posted by APSCUPチャレンジャー at 20:56Comments(4)公式練習会

2015年03月16日

京都公式2

京都公式から一夜明け、昨日の自分のブログを読み直し、普段練習会に普通に参加して普通に掃除して帰る。それが当たり前のように自分の中で成り立っていた事に情けなく思えてきます。

どの射場に行っても撃てる状況があり、本大会でも普通に参加している。そこには沢山の人達が設営、機材の準備など労力とお金と時間が費やされている事忘れてはいけない。

毎年本大会の前日に裏APSカップと称して、フロンティアさんの射場を無償提供していただいているのも同じ事で、1年に1回、2回しかお伺いする事の出来ない射場でも、そこにはフロンティアさんの機材、費用、そしてフロンティアさん常連の人達が創意工夫された物が沢山ある。
これからは、もっと考えを改めて射撃に取り組んでいきたいと感じました。

さて、話は変わって京都公式の自分の成績です。
まずは、前日練習会から



前日練習会ではぎりぎりバッジ更新の点数だったのでこれはやばいな~って思い、RISKY師匠からシルエットのアドバイスを角材抜きで伝授していただきました。
僕たち地方組はなかなかRISKY師匠やトップシューターの姿勢とか近くで見ることが出来ないので、生で見ると勉強になりますね。youtubeにもUpされてはいますが、やはり生です。

15日公式当日は会場1番乗り~早起きは三文の徳って昔から言いますから、國友の松川さんより早く会場に着いてしまい、國友さんの前で一息していました。

松川さんが出社されて、会場に入ると僕は2回目の光景かもしれません。誰も居ない会場


照明も点灯していないので、真っ暗ですがなぜだか落ち着きます。ここで猛者たちの争いが始まったのであります。  
タグ :京都公式


Posted by APSCUPチャレンジャー at 21:58Comments(0)公式練習会

2015年03月15日

京都公式練習会1

帰宅して、すぐにブログ更新する気力がある自分もどうかと思うのですが、忘れないうちに書き記しておきたいので記事にします。

3月15日京都公式練習会に参加された皆様、お疲れ様でした。そしてご協力いただいたJASGのスタッフの皆様、國友銃砲火薬店様ありがとうございます。

今回はモトモトさんが諸事情により、公式当日は不参加となり普段任せてばかりいる、段取りやもろもろの作業を自分なりに行ったつもりですが、やはり付け焼刃で、参加していただいたシューターの方々には色々とご迷惑をお掛けしてしまい普段の実力が発揮できなかったのではないかと反省しております。

今回はジャッジをご無理お願いしてJASGの方に依頼したのでシルエットの標的の復帰作業、ブルズアイのターゲット交換作業は自分がもっとできたのではないかと反省しています。

それと、、いつも思うのは、遠方より参加していただいたシューターの方や初参加のシューターの方に席を譲る行為もできたはずだと反省しています。

自分のホームグラウンドで点数が悪いのは、自分がシューターとして未熟なだけであり、それ以外の行為は人間的に未熟なんだと痛感しました。

今回の公式では点数が悪い事、バッジ更新が出来なかった事も残念でしたが、それ以上に参加していただいたシューターの方々に対して「申し訳ない」って気持ちの方が大きいです。

参加していただいたシューターの方々に「京都公式は楽しかったよ。良かったよ」って思ってもらえるようにこれからもがんばっていきたいと思いますので皆様宜しくお願いします。  

Posted by APSCUPチャレンジャー at 20:57Comments(4)公式練習会

2015年03月07日

首がまわらない~

お金がなくて首がまわりません~(マジです)なので明日も仕事です。それと、手術の痕がたまに痛くて、首がまわりません~さてさてどうしたものか~って考えてても仕方ないので、インラインスタンスからオープンスタンスに変更しよう!そもそも下手な僕は、スタンスを変えたところで点数に大きな影響があるとは思えないのであまり気にせずって感じです。

今日はプレートを集中的に練習!と言っても3回撃っただけなんですけどね(汗)。ブルズアイはようやく自分なりにまとまってきた感じがありますが、まだまだRISKY師匠に追いつくことはできません。

自宅での練習状況は、ブルズ→プレート→シルエット(立射8m、7m、6m)それをランダムに練習しています。1競技終わる度に、銃のセイフティーを掛けることを心掛けていますが、競技開始時にセイフティーを解除する事を忘れることが多くなってきました。プレート競技なら完全に1枚撃てない状態ですね。40歳過ぎるとボケも進行してくるんですな~



贅沢言いませんので、8点をなくしたい.....  

Posted by APSCUPチャレンジャー at 21:51Comments(0)自宅練習場

2015年03月06日

少し嬉しい

昨日、家族で夕食を食べている時に娘が「あそこの高校は、部活で射撃部があるらしいよ~そこに行けばよかったな~」なんて事を言い出した。そもそも、娘が行っている学校は中学校から高校まで同じ学校なので行く必要があるのか?って疑問に思いながら話を聞いていました。

そうこうしているうちに、食事も終わり話題はAPSの話題に、娘が「今度の京都公式も練習していたら参加したいけどな~練習している時間があれば勉強しないとな~」って寂しそうに言うのを聞いて、僕が「後から久しぶりに一緒に練習するか!」って言うと、「やる~」って即答でした。

年頃の娘になると、親父がうざいだとか、色々聞きますが同じ趣味を持つとそうでもなくなるのか?それとも娘は特別なのか?どちらにしても久しぶりの親子練習は嬉しい一時でした。

  

Posted by APSCUPチャレンジャー at 22:09Comments(2)自宅練習場